全国退職女性校長会(梅の実会)のホームページへようこそ。

文字サイズ  標準  拡大

 平成30年の新しい年を迎えました。オリンピック・パラリンピックを2年後に控え、メディアでは車椅子のスポーツ練習風景や交流などの様子も放映され「ユニバーサルデザイン2020行動計画」の取り組みが進められています。身近なところで行動していきましょう。 
 今年も皆様にとって心穏やかな年になりますようお祈り申しあげます。

 さて、昨年の10月30日・31日に第58回全国大会鹿児島大会を開催いたしました。前日まで台風22号に悩まされましたが、台風一過、秋晴れの空、赤い山肌に白煙が立ち昇る桜島が全国北から南までの664名の会員を迎えてくれました。「歴史・火の島・宇宙の招き さつま路に梅の実 熱き出会い」のキャッチフレーズどおりの出会いからスタートしました。
 記念講演は桜島を長年研究されている京都大学教授、防災研究所火山活動研究センター長の井口正人先生です。桜島は100年前(1914年)の噴火以来、75年も噴火し続けいます。地盤の変化や地震は計測できても、何時噴火するのか予測は困難。自然に対する理解と噴火に備えての防災の意識をもって日頃の備えをしておくことを学びました。
 交流タイム・イン鹿児島では、JAXA(宇宙航空研究開発機構)から宇宙の魅力と最新の情報紹介、鹿児島の歴史と世界文化遺産、奄美の泥染めの大島紬の紹介に自前のファッションショーなど、見学研修も知恵を出し合った鹿児島ならではの企画に参加者は大満足。「台風でどうしようかと思ったが、見学したいと思っていた知覧平和祈念館を見学できた」さつま路の熱き出会いは、遠来の友とお互いの絆を深め合い、生きるエネルギーを分かち合って盛会裡に終えることができました。
 大会開催にあたりご尽力くださった上原順子運営委員長はじめ、鹿児島県、鹿児島市、九州地区・鹿児島梅の実会員の皆さまに深く感謝申しあげます。

 今回の1月更新は鹿児島大会特集を組んでおります。

全国退職女性校長会(梅の実会)



全国退職女性校長会(梅の実会)の主な活動
 全国退職女性校長会(梅の実会)では、以下の主な活動を軸にすすめて
 います。

全国大会を開催 会員相互の親睦と研修を深める
教育支援 福祉活動を推進
会報と機関紙を発行 各地区での活動を紹介

 ※くわしくは「梅の実会とは」「本年度の活動」
  をご覧ください。