全国退職女性校長会(梅の実会)のホームページへようこそ。

文字サイズ  標準  拡大

全国退職女性校長会(梅の実会)規約

第 1条 (名   称)
     本会は全国退職女性校長会(梅の実会)と称する。
第 2条 (組   織)
    本会は公立学校女性校長の経験を有する者で本会の趣旨に賛同する者を以て組織する。
第 3条 (事 務 局)
    本会の事務局は東京都新宿区高田馬場1−29−6野菊ビル401におく。
第 4条 (目   的)
    本会は会員相互の親睦と研修を深めるとともに教育の振興および社会貢献に努め、
    男女共同参画社会の進展に寄与する。
第 5条 (役   員)
    本会に次の役員をおく。
     会長 1名、 副会長 3名、 監事 2名、 
     庶務・広報・調査研修・会計 各若干名、 代表者 各都道府県 1名
第 6条 (役員の任務)
    役員の任務は次の通りとする。
     会長は会を代表し、会務を総括する。
     副会長は会長を補佐し、必要に応じて代行する。
     監事は会計並びに事業を監査し、その結果を全国大会で報告する。
     庶務は会務に関する事務を担当する。
     広報は広報に関する事務を担当する。
     調査研修は調査研修に関する事務を担当する。
     会計は会計に関する事務を担当する。
     代表者は都道府県を代表し、代表者会で必要事項を審議決定する。
     及び地区毎に地区担当を互選する。
     地区担当は役員選考委員を務める。また地区の連絡調整等にあたる。
第 7条 (役員の選出)
    役員の選出は次の通りとする。
     会長、副会長、監事は役員選考委員会で候補を選出し、代表者会で承認を得、
     全国大会にて報告する。
     選考委員会は地区担当を以て組織する。
     庶務・広報・調査研修・会計は会長がこれを委嘱する。
     代表者は各都道府県において選出し、会長に報告する。
    地区は次の10地区とする。
    (1)北海道 (2)東 北 (3)関 東 (4)東 京 (5)北 陸
    (6)東 海 (7)近 畿 (8)中 国 (9)四 国 (10)九 州
第 8条 (役員の任期)
    会長・副会長・監事の任期は2か年とし再任を妨げない。但し再任は1回とする。
    代表者の任期は2か年とし、再任を妨げない。但し再任は1回とする。
    補欠役員の任期は、前任者の残任期間とする。
第 9条 (顧   問)
    本会に顧問をおくことができる。顧問には原則として会長経験者をあてる。
第10条 (代 表 者 会)
    代表者会は毎年1回これを開き、会長、副会長、監事、代表者、
    庶務・広報・調査研修・会計を以て構成する。会議の議長には会長、又は会長が
    指名する者があたり、次の事項を審議決定する。
     (1)会計、事業内容    (2)規約改正    (3) 役員の承認
     (4)大会開催地     (5) その他緊急事項
第11条 (全国大会)
    全国大会は毎年1回これを開く。
    代表者会での審議決定事項を報告する。
    会員相互の研修、交流の場とする。
第12条 (本 部 会)
    本部会は、会長、副会長、庶務・広報・調査研修・会計の役員を以て構成し、
    会の運営、その他必要事項について審議する。
第13条 (会   計)
    本会の経費は会費を以てこれにあてる。会費は年額3,500円とする。
    本会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。
付    則
    この規約は昭和35年10月5日より実施する。
    昭和45年10月12日
    昭和48年10月11日
    昭和54年10月16日
    昭和57年 9月22日
    平成 元年11月22日
    平成 2年10月18日
    平成 5年10月21日
    平成 7年10月21日
    平成 8年11月 7日
    平成12年10月 5日
    平成13年 9月28日
    平成17年10月27日
    平成21年10月29日
    平成23年10月25日
    平成26年 4月 1日
一部改正
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
  〃
より実施する

     内    規    会員死亡の際は、香典1万円と弔電を以て、弔意を表す。
ページトップへ