全国退職女性校長会(梅の実会)のホームページへようこそ。

文字サイズ  標準  拡大

メッセージ

 このコーナは「かわらばん」として各都道府県の活動状況やトピックス・ニュース等を発信し合い情報交換的なコーナーにと願っています。
ご覧になっての感想等も本部へお寄せください。

 7月は、「宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉」の梅の実会のメッセージを掲載しています。各地の研修会や活動の様子等をご覧ください。

メッセージ バックナンバー
 メッセージ(平成31年4月掲載)はこちらをクリック
するとご覧になれます。
 「熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄・北海道・青森・岩手」の梅の実会からのメッセージを掲載しています。(縮小で)

癒しの音色に77名が集う
「みやぎ梅の実会」総会

 退職者の7割に近い14名の新入会員を迎えられたことに歓喜の声が上がり、懇親会では”大正14年生まれ”という乾杯の第一声に驚嘆の声が上がる。月輪まり子氏による珍しい楽器(アイリッシュハープ、ライアー)の美しい演奏と、共に歌う参加型の研修会に感謝の声が上がる総会であった。久しぶりの出会いにお互いの安否を気遣いながら心和むひと時を過ごすことができた。


感動と喜びのある楽しい研修会

6月、平成30年度の梅の実会総会を開催し、NPO法人「森の王国サルパ」代表の奥山勝栄氏を講師に、前半は「秋田の森林・林業と地球環境(温暖化)について」の講演、後半には、木の実や木ぎれを使って人形作り等に取り組みました。何気ない木ぎれが徐々に形になるにつれ、あちこちで歓声があがる楽しい会となりました。また、10月の秋季研修会では大曲の花火「秋の章」を鑑賞、光と音の饗宴に酔いしれました。楽しめる研修会を企画しようと頑張っています。

 創作活動に取り組む参加者  木ぎれで作成した人形  大曲の花火「秋の章」

研修会・総会を経て昼食会の前にパチリ
山形県「梅の実会」研修会・総会

 平成30年度の研修会・総会は、8月10日(金)に山形市国際ホテルで開催しました。
『生き方を教え、セルフエスティームを育む学校への期待』という演題で講演くださったのは、前東北公益大学特任講師で酒田おもてなし隊大隊長を務められた中原浩子氏。学問とは「無欲の好奇心」哲学とは「自分の言葉で考えること」といった活力あるお話に、自分達も今できることを考えて、豊かに生きていかねばならないと触発された研修でした


震災9年目の被災地視察

 東日本大震災から9年目の6月21日、原発事故による浜通りの現状視察のため、大熊町、富岡町を中心に被災地を訪問しました。青く広々としたサッカー場が再開して、若者達が躍動し始めたJヴィレッジは希望に満ちあふれていました。しかし、富岡町や大熊町の多くの家は、フェンスで入れないようになっています。家はこわれ、荒れ果てたままの地区が印象的でした。視察は次年度も実施します。


梅の実会茨城の活動状況
総会時の二胡の演奏と中国茶のお点前
 6月の研修会では、中国文化にふれよう~二胡とピアノの演奏、中国茶~のテーマのもと、お点前を楽しんだ後、郷愁をさそう伸びやかな二胡の音色に合わせ、「見上げてごらん夜の星を」を合唱。懐かしいメロディに安らぎ、癒しの一時を過ごすことができた。
 また、「梅かおる」の原稿依頼がきっかけで、16年間の「梅の実会茨城のあゆみ」の編集に取りくみ、3月完成。今年度の総会等で配布予定である。会員の交流を図りながら・・・。

魅力のある研修会
 11月21日、国際機関日本アセアンセンター事務総長 藤田正孝氏を講師としてお迎えし、「国連とASEAN」と題して講演会を行いました。各国が、協調・協力して世界平和への追求に尽力しており、その中に、日本人の活躍も光っていることを知り誇らしさを感じました。ビジネス注目国のアセアン諸国のことなど、世界の情勢に目を向けさせていただいた魅力ある研修会となりました。

勇気と心を豊かにしてくれる研修会はいつも好評
 群馬「うめの実会」は、毎年7月の第二土曜日に総会・研修会等を開催。昨年は7月14日に高崎旅の会・地球ひとり旅主宰の荒井光子様から、『「バルト三国」冬の旅~リトアニアの外交官・杉原千畝の記念館を訪ねて~』の演題で話を伺う。6カ国語を独学で学び、ホームステイで現地の人々や生活に直に触れ、世界86カ国の一人旅をした行動力に会員は勇気と元気をもらう。

「平成」から「令和」へ ‥ 教育の“今・これから”‥
 平成最後の講演会並びに現職との合同研修会に、「今さら、教育に関するお話は……」と言いながら参加した会員も、会が始まれば、すぐに会員としての誇り、情熱を呼び覚まされ、生きがいとしている教育の「これまで・今・これから」を熱く語り合った。
 6月1日に令和最初の総会がもたれ、本会の正念場と位置付けられているこれらの事業は、今できることを楽しくと、「令和」に受け継がれた。
講演会 「これから教育はどう変わるか」 現職との合同研修会

秋バラに魅了されて 恒例の見学研修開催
 千葉県梅の実会では、会員相互の親睦を図り、地区の活動を充実させること等を目的として毎年見学研修を実施しています。
 平成30年11月8日には「京成バラ園で自分好みのバラを見つけてみませんか。」をテーマに見学研修を実施しました。抜けるような青空に、色とりどりのバラが一層美しく私たちを魅了しました。甘くやさしい香りに包まれながら自分好みのバラを見つけた後は、おいしい食事と楽しい会話で親睦を深めました。